始末書 書き方
始末書 書き方

始末書は相手の心を揺さぶるべし

始末書は相手の心を揺さぶるべし

始末書の構成は以下のようになります。


・事実関係を簡潔に記す部分
・お詫びを述べる部分
・二度と起こさないということを誓約し懇願する部分


始末書の構成を、さらに細分化すると以下のようになります。


【始末書の構成】


【事実関係を簡潔に記す部分】

(1) 不始末の内容
(2) 不始末の原因や理由

【お詫びを述べる部分】

(3) 反省とお詫び

【二度と起こさないということを誓約し懇願する部分】

(4) 不始末を繰り返さないという誓い
(5) 寛大な措置のお願い、または社内規定に従います等の表現


箇条書きにした不始末に書くべきポイントを、(1)から順番に文章につなげていけば、文章の流れがととのった始末書が書けます。

始末書を書く上での注意点として、不始末の内容、原因、理由については、詳細に書く必要はなく、事実関係のみを簡潔に書くようにします。

反省やお詫びの言葉も、あくまでも誠実さを伝えることに徹し、簡潔にまとめましょう。

先方の心を揺さぶる始末書になることが重要です。